重度の虫歯

重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。
保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがインプラントです。
しかし、他の治療法と同様、注意すべき点があります。
最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも適用されるのがインプラント治療です。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。
もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースではその数倍の出費もあることをくれぐれも忘れないでください。
様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば日本だけでなく、海外の歯科医を探すということも考えていきましょう。
インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、すぐにあきらめることなく、できるだけ幅広く情報収集するのが成就への第一歩です。
最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。
対して、インプラントは差し歯と異なり、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
続きはこちら⇒歯の消しゴムはランキング上の評価は悪い