保険適用と適用外が混在

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。
新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。
ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。
それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。
後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。
定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
それに対して、インプラントというのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので安心して治療を受けることができます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによって長い間、問題なく使うことが可能になります。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。
実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によって大きく異なります。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
それでも、相場はあると言えます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。
インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることが要因となっています。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を強いる原因です。
現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。
長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。
ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。
保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。
PR:歯科医でなく安い歯磨き粉を使ってホワイトニング