歯科治療の一環

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
これはインプラント治療が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、やはりインプラント適用が一番でしょう。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。
現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に決められるのが建前です。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは言えません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、当然ながらデメリットもあります。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。
それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。
障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。
インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能というケースが増えています。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうと思ってください。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずないと考えてください。
見た目からしても、自分の歯のようにとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。
義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
続きはこちら>>>>>白い歯の歯磨き粉

コメントする